手術を回避した中指の痛み

心休堂 の牟田です。

腰痛で施術している時の話です。

「先生、最近水道の蛇口をひねったり、雑巾を絞ったりするときに中指が痛かって、整形外科に行ってん。そしたらばね指やって言われたから、注射してもらったけどなんかさっぱりせえへん。一週間ほど様子見て同じやったら、手術しようかやって。」

「じゃぁ、腰の治療のついでにばね指もやっときますね。」

一週間後来院されてお話を伺うと、調子もいいよく手術しなくてもよかったようです。

「ばね指」は、指を曲げたり伸ばしたりするときにひっかかったり、症状が重いと伸びなくなってしまいます。

指を曲げるときに腱が腱鞘(けんしょう)というトンネルのようなものの入り口でひっかかることで、ばね指のような症状が起きるのです。

最初は朝起きたときに指がひっかかって動かしにくく、徐々に動くようになり、次の段階では一日中指のひっかかりがあり、曲げ伸ばしで痛みがあるようになります。さらにひどくなると指が伸びない状態になってしまいます。

長期間ばね指であったり、指が伸びない重症なものは手術が必要となりますが、初期の段階であれば鍼灸で治りやすいものです。

最近指の曲げ伸ばしにひっかかりを感じる方は、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP ↑