花粉症でお困りの方へ

心休堂の牟田です。

秋という季節は肺の機能 が活発になる時期 で、肺は潤いを好み乾燥を嫌う のですが、気温も下がってくるので時期的には風邪をひきやすく、秋の花粉症というものを自覚されていない方もおられるようです。

花粉症のくしゃみや咳は花粉という異物を体外に出すという防御反応であり、肺の働きが悪くなると発散させる水分が出入り口に溜まって、鼻水となって漏れてしまいます。さらに、発散されるエネルギーが滞ることにより作られた熱が、かゆみとなります。

日ごろの養生としては、規則正しい生活をできるよう心がけ、甘いものや冷たいものは加減し、潤いを与える食材を積極的に摂ることが大切です。 そして、ストレスをうまく発散させてあげることも大切です。

また、花粉症でお困りでしたら、鍼灸治療もよく効きますので、試してみる価値はあると思いますよ。

PAGE TOP ↑