治療風景

鍼やお灸と聞けば痛そうだし、熱そうだなぁと思われる方多いのではないでしょうか?

鍼をすると響きというものがあり、初めての方や慣れていない方は怖くて痛いと表現されます。この響きというものはコントロールできるものなので、患者さんの体調に合わせた刺激を与えます。

201103031

お灸は直接するお灸もあれば、棒状のものや陶器を使って温めるものなど、様々な方法があります。肌に直接するお灸は熱く感じることもありますが、当院では熱さに耐えていただくだけのお灸はしません。

201103032

鍼やお灸は、あなたの体を痛めるけるためにするものではなく、苦痛から開放され健康的な日常生活を過ごしていただくためにするのです。

ですから、痛いとか熱いといったイメージで鍼灸を避けておられるのなら、一度当院の治療を受けてみてください。

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!
PAGE TOP ↑