五十肩の回復期 過ごし方

201007223

慢性期 の5~6ヶ月が過ぎると回復期に入ります。硬く縮んでいた関節包が緩み始め、痛みが軽減し、次第に動かせるようになってきます。

この期間はだいたい5~6ヶ月ほど続きます。回復期は急性期、慢性期と安静にしたり、動きが少なかったりして低下した筋力を取り戻すため、積極的に筋力トレーニングをすることが大切です。

週1~2回くらいの鍼灸治療をすると、多くの人は1~2週間ほどで回復期になるため、大きな筋力低下も防ぐことができます。

ぜひ、鍼灸も選択肢の一つに加えてみてくださいね。

PAGE TOP ↑