冷えた体はお風呂で温めましょう

冷え

これからの時期、エアコンで体を冷やしたり、冷たいものをたくさん摂取したりして冷やすことに集中するでしょう。

それは暑いから仕方ありません。

しかし、冷やした体をそのまま放置していると冷え体質になってしまいます。

それが、肩こりや頭痛、腰痛、生理痛など様々な不調の原因になることも。

38度くらいのお湯を腰までの高さにして、10分ほどつかると、体の隅々まで血が行き渡り、冷えた体をリセットしてくれます。

また、ぬるいお湯なので、副交感神経がしっかり働いてくれます。

そして、リラックスモードになり、冷え対策だけでなく、ストレスの解消にもいいですよ。

PAGE TOP ↑