体を動かして疲れを取り除く

なんだか、なにをやってもずっと肩が凝っている。

寝ても疲れている。

いつもダルい。

といったように体に不調を感じている方多いですよね。

体を休めようと思って寝るのに、それさえ疲れを感じてしまう。

それ、体を動かしてないからかもしれませんよ。

仕事で長い間パソコン作業でデスクワークだったり、スマホを長時間使っていたりしてませんか?

長時間同じ姿勢だと、筋肉や関節がこわばってしまいます。

すると体の動きが悪くなり、疲れやコリの原因となるのです。

筋肉は動かさなければ凝り固まる性質があります。

凝り固まった筋肉は、血流が悪くなり、コリや痛み疲れを誘発するのです。

特にパソコンやスマホの操作の姿勢は、背中や肩甲骨の動きを悪くしてしまいます。

凝り固まると聞けば、ストレッチを想像されるかもしれません。

ストレッチもいいのですが、よりほぐすためには、大きく体を動かしてあげるといいんですよ。

次に気になるのが、どんな動きだと思いますが、多くの方が知っている体操です。

ラジオ体操。

ラジオ体操は体全体をしっかり動かすようにできています。

きちんと体操をすると、じんわりコリをほぐしてくれますよ。

PAGE TOP ↑