暴飲暴食は胃痛の原因

暴飲暴食は胃痛の原因

胃は食べ物を消化・吸収するところなので、食べ方によって調子は大きく影響されます。

食べ過ぎや飲み過ぎ、早食い、ダラダラ食べ続ける、寝る前に食べるというのは、胃に無理な働きを強いることになります。

中医学では梅雨の時期は体の中に湿気が溜まりやすくなるなると考えられています。

体の中に湿気が溜まると、胃腸の働きは悪くなります。

ですから、暴飲暴食すると弱っているところに、無理やり仕事させられるので、胃痛というストライキを起こすことがあります。

この時期は特に、暴飲暴食をやめて、胃に優しい生活を心がけましょう。

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!
PAGE TOP ↑