肩こりは日本特有ではない!?

心休堂の牟田です。

夏目漱石の小説「門」の中に、

指で圧(お)してみると、頸(くび)と肩の継目の少し背中へ寄った局部が、石のように凝っていた

 

と表現されています。

日本人は昔から肩こりに悩まされていたんですね。

また、外国の方は肩が凝らないと聞いたことがある方もいることでしょう。

だから、肩こりは日本の国民病のように思われてるかもしれません。

でも、外国の方でも凝りは感じており、肩こりにあたる英語は「stiff neck」というようです。

「shoulder」ではないから、肩こりではないと思われたのかもしれませんね。

まぁ、表現の違いで外国の方も同じ人間ですから、肩の一つや二つ凝ることもあるでしょうね。

肩が凝って仕方がないという方は

こまめにこれこれなんかやってみてはどうでしょうか。

それでも、凝って凝って仕方が無いという方は、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP ↑