寝違え予防に

寝違えを経験された方、結構おられるかもしれません。

朝起きて首が痛くて、首を回すのがとても辛くて憂鬱になりますよね。

寝違えの施術に来られた患者さんは、よく寝相が悪いから?とか枕が合ってないから?と聞かれます。

でも、寝相や枕はあまり関係ありません。

それよりも、日ごろの姿勢やストレスの影響が大きいのです。

姿勢やストレスで受けた緊張が、限界を超えた時に、寝違えとなるのです。

ぎっくり腰を経験された患者さんには、ぎっくり首になったと言って来られることもあります。

首こり、肩こりを感じていれば、いつか寝違えになるかもしれません。

寝違えにならないよう、簡単なストレッチをご紹介します。

まず、両肩両腕の力を抜きリラックスして背筋を伸ばします。

次に、首を右斜め前に倒しましょう。

そして、右手を左耳の後ろに当て首を倒した方に軽く力を加え10秒ほど維持してください。

この時、左の首から肩にかけて筋肉が伸びているのを感じてください。

気を付けることは、体が傾かないようにすることと、力いっぱいストレッチしないことです。

力いっぱいストレッチをすると、首を痛めてしまうことになります。

心地よい感じで伸ばしてください。

右の次は左も同じようにしてください。

また、鍼灸で肩や首の筋肉をほぐしてあげるのも寝違え予防に、とてもいいですよ。

ぜひ、鍼灸もお試しくださいね。

PAGE TOP ↑