春先の不調

春先は、寒暖差が激しく変わりやすい天気となります。

この時期は、低気圧と高気圧が交互に通過するため、大気の状態が不安定になるそうです。

大気の状態が不安定になると、自律神経の働きが乱れやすくなります。

すると、血管の収縮や拡張といった調節がうまくできず、頭痛や気だるさとなってしまうのです。

自律神経の働きが乱れたり、花粉症があったりすると、睡眠の質も低下しがちになります。

睡眠の質が低下すると、体の疲れが十分に回復できないため、さまざまな不調を引き起こしてしまいます。

不調を防ぐには、食事や睡眠などの基本的な生活のリズムを整えることです。

生活のリズムが整うと、自律神経の乱れも抑えることができるようになります。

軽く運動をして、お風呂に入りリラックスすることで、ストレスを緩和させてください。

そして、夜はしっかり睡眠をとりましょう。

ただ、寝過ぎは頭痛の原因となるので、休日に寝だめするのは避けてください。

また、鍼灸は頭痛や気だるさなどの不調を、改善させるお手伝いができる施術です。

ぜひ、鍼灸もお試しください。

PAGE TOP ↑