自律神経

人の体というのは自律神経という神経により様々な機能がコントロールされています。

自律神経という名前だけあって、人の意思で働く神経ではなく自動的に体温や血圧、発汗、呼吸、消化などを調節してくれるのです。

この自律神経というのは二種類に分けることができます。

1つは活動するときに働く交感神経、もう1つはリラックスするときに働く副交感神経です。

これらは脳の視床下部というところでコントロールされています。

そして、互いに相反する作用により、バランスを調整して健康な体を保とうとします。

交感神経ばかり働きすぎても体は不調となりますが、副交感神経ばかり働いても不調となるのです。

ちょうど東洋医学での陰陽と同じです。どちらか一方に偏ってしまうと体は不調になるので、バランスが整っていなければなりません。

バランスが整っていると体は正常にしようという働きをしてくれるのです。

現代人の多くの人は交感神経が働きすぎているように思います。

ストレス、不摂生、不規則な生活リズム、冷えなどは自律神経を乱す原因となります。

自律神経のバランスが悪くなると、さまざまな体のトラブルが発生し、いわゆる自律神経失調症となってしまうのです。

鍼灸はバランスを整え、トラブルが発生する前に予防することを得意とする施術方法です。

PAGE TOP ↑