腰痛予防にお尻の筋トレ

最近、見た目をよくする美容目的でお尻の筋トレをされる方がおられます。

お尻の筋肉を鍛えることは、美容だけでなく、安定した歩行や腰痛予防にも効果的なんです。

単純な動作ですが、地道に取り組むと鍛えられる運動をご紹介しますね。

 

片足を横にあげる運動

前かがみにならないように壁や机に手を添えてまっすぐ立ちます。

つま先を壁や机のほうに向けて、横にあげます。

つま先を外や下に向けたり、上半身が傾いたり、かがんだりしないように気を付けてください。

 

片足を後ろにあげる運動

前かがみにならないように壁や机に手を添えてまっすぐ立ちます。

膝は伸ばしたまま、後ろにあげます。

膝を曲げたり、頭を反らしたり、前のめりならないよう気をつけてください。

 

四つんばいで足を横や後ろにあげる運動

四つんばいになります。

このとき、お尻を突き出したり、前のめりになったり、背中を反らしたりしないように気を付けてください。

膝を90度にしたまま、4拍で上げ、4拍で下ろします。

次に、同じく膝を90度にして、足を後ろに前かがみにならないように壁や机に手を添えてまっすぐ立ちます。

足の裏は水平になるように気をつけてください。

 

全て行うのではなく、ゆっくり左右交互に最初は1,2回でもいいので、毎日出来そうなものを続けてください。

慣れてきたら5回、10回と増やしてみてくださいね。

PAGE TOP ↑