太っていなくても

太っていると生活習慣病になりやすい、ということは多くの方がご存知でしょう。

でも、太っていないから安心ということではありません。

太っていない方でも、生活習慣病になることがあるんです。

太っていないけど血糖値が高くなったり、血圧が高くなったりすることがあります。

それは、筋肉などに脂肪がたまってしまい異常な数値になると考えられています。

筋肉に脂肪がたまると、筋肉の働きが悪くなります。

それが原因で太っていないのに、生活習慣病になってしまうのです。

体の中に使われなかった糖や脂肪が皮下にたまって皮下脂肪となり、さらに増えると内臓脂肪となります。

でも、皮下脂肪や内臓脂肪がたまっていなくても、筋肉などに脂肪をためる方がいます。

それが太っていなくても、健康診断などで異常な数値になる方だと考えられます。

筋肉に脂肪をためてしまうのは、高脂肪な食事や運動不足が原因です。

太っている方だけでなく、スリムな方も、食生活を見直して適度な運動を心がけることが大切なんですよ。

PAGE TOP ↑