筋肉を鍛えて健康寿命をのばす

そんなに長生きしなくてもよいという話を聞くことがあります。

でも、どれくらい生きるのかは誰にも分かりません。

それなら、自分の足で歩き、寝たきりは防ぎたいですよね。

そのためには、筋肉が重要なカギとなるのです。

運動機能を低下させるのは、筋肉の量が減少が関係しています。

筋肉の量は20代がピークで、歳を重ねるごとに減少していきます。

筋肉の量が減少するれば、当然筋力も弱くなり、体の機能は衰えてしまいます。

体の機能が衰えると、活動量が減少して、さらに筋肉が衰えるという悪循環になります。

筋肉の量を減少させないためには、筋肉の細胞に刺激を与えなければなりません。

細胞に刺激を与えるというのは、筋肉のトレーニングです。

筋肉は、体を動かす役目と同時に、体を支える役目もあります。

筋肉を鍛えるということは、転倒などを予防してくれるのです。

また、筋肉の量を保つためのトレーニングが、骨を強くしてくれるともいわれています。

筋肉を鍛えて、健康寿命をのばしましょう。

そして、筋トレで疲れたら、ぜひ、鍼灸で体を癒してあげてくださいね。

PAGE TOP ↑