ストレッチ間違えてませんか?

コリ解消のためにストレッチをされる方がおられると思います。

でも、やり方を間違えると、筋肉を傷めることにつながります。

ストレッチと聞いて、あなたはどんなことを想像しますか?

体が硬いくて痛いから嫌だとか、柔軟性を高めるには少しくらい痛くても我慢する、なんてこと思うかもしれませんね。

でも、筋肉を伸ばして痛みを感じるということは、体がそれ以上しないでという警告です。

痛みを我慢して無理にストレッチをすると、筋肉を傷めてしまうことがあります。

歳を重ねれば重ねるほど、筋肉の伸びは悪くなります。

無理をすると、細胞を破壊してしまう可能性が高くなるのです。

特に、学生時代に運動部で柔軟体操に自信がある方が、記憶している感じでストレッチをすると、やり過ぎてしまうことがあります。

ストレッチは、伸ばして痛みを感じれば、痛みを感じないところまで、少し戻してあげましょう。

無理にストレッチをして、痛みを我慢すれば、筋肉を損傷させてしまうことになります。

コリ解消や柔軟性を高めるためにしていることが、体を傷めつけてしまわないよう気を付けてくださいね。

鍼灸をすると筋肉がほぐれて伸ばしやすくなるんですよ。

もちろん、コリ解消にも鍼灸は効果的です。

ぜひ、鍼灸も試してみてくださいね。

PAGE TOP ↑