糖尿病は運動で治す

厚生労働省の調査で、糖尿病が強く疑われる人、糖尿病の可能性を否定できない人は、1000万人ほどいるといわれています。

糖尿病というのは、血液の中のブドウ糖濃度をうまく下げることができず、血糖値が高くなります。

自覚症状はほぼありませんが、ひどくなると失明したり、透析が必要になったり、下肢を切断しなければならない合併症を引き起こすかもしれません。

血糖値が高くなる病気ですから、さげることが治療の基本となります。

それならば、体を動かしてあげることは治療法のひとつとなります。

運動をすると筋肉を動かすので、体内の糖は消費され、血糖値がさがるのです。

だから、糖尿病は運動で治す病気といえます。

運動をするなら、有酸素運動や筋トレを併用すると、効果が高くなります。

ただ、運動習慣がない方にとって、有酸素運動と筋トレの両方を実践するのは、ハードルがあがるかもしれません。

有酸素運動でも筋トレでも、軽い運動から生活の一部となるよう取り入れてみてください。

そして、疲れた体を鍼灸で癒してくださいね。

心休堂では、運動習慣がない方にも取り組みやすい運動を、一緒に考えていきます。

ぜひ、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP ↑