逆子の施術を開始したい時期

心休堂の牟田です。

心休堂は開業して本日で5年目になりました。これからもよりよい施術ができるよう精進していきたいと思います。

さて、鍼灸の逆子に関する報告を読んでいると、初診時の週数が33週までであれば70~90%という回転率です。

また、34週以降は回転率が低くなるなるので33週くらいまでには逆子の施術を開始してあげたいところです。

34週以降の方でも1度で逆子が治ったという例もあるので、諦めなくてはならないということではありません。

産婦人科の先生や助産師さんに逆子だと言われたなら、できるだけ早い時期に鍼灸治療をしてあげるとよい結果になる確率は高まりますよ。

PAGE TOP ↑