逆子が治りました!

心休堂の牟田です。

先日、当院に逆子で来られた方が検診の結果を連絡してくれました。

検診の結果、治っていなければ帝王切開の予定を決めるということだったのです。32週で逆子といわれ35週までは逆子体操をされていましたが、治らなくて来院されました。

一般的には28週を過ぎたくらいから産婦人科や助産院から逆子だと告げられることが多いようです。そして、医師や助産師さんから逆子体操の指導を受けることになります。

鍼灸治療では20~40週くらいまでの治療報告があり、初診が33週くらいまでであれば回転率は高いのですが、今回は35週ということでした。

多くのケースでは治療を開始すると胎動がいつもよりすごいと言われるのですが、今回は日ごろの胎動もあまりなく治療を開始しても胎動があまりありません。

ちょっと難しいかと思ったのですが終わりごろにはかなり胎動がすごく、もしかすると一度で大丈夫かなという感じで治療を終了。

結果は無事逆子が治っていました。

確立が下がるタイミングで鍼灸にチャレンジするより、少しでも早く治療を開始して不安要素をなくして、お産の準備をしませんか?

PAGE TOP ↑