たんぱく質不足は免疫力低下のもと

20100727

暑い毎日ですね。このような時期は水分をこまめに補給して、熱中症 にならないよう気をつけましょう。

さて、今回もたんぱく質のお話です。

私たちの体には、免疫機能が働いて、外から進入してきたウィルスや細菌を退治してくれます。

この時に活躍するのが、白血球やマクロファージなどの物質です。これらもたんぱく質が原料となって、作られています。

ですから、たんぱく質が不足してしまうと、免疫物質も十分につくられないため、免疫力やスタミナが低下してしまいます。

病気にならないような体にするためには、たんぱく質はとても重要な栄養素なのです。

PAGE TOP ↑