睡眠不足は脳に悪影響

睡眠不足は、脳の働きに悪影響をおよぼすといわれています。

 

極端に睡眠時間が短い人は、十分に睡眠時間を確保している人より、アルツハイマーの発症率が高くなるそうです。

脳には海馬という部分があります。

海馬は記憶に関係している場所ですが、睡眠時間が少ない子供は、海馬の体積が小さくなっているのです。

十分に睡眠時間を確保しているほうが、記憶力がよいということです。

そういえば、優秀な大学を受け全て合格した私の友人は、しっかり寝ていました。

認知症にはいろいろなタイプがあるのですが、アルツハイマー型がとても多いといわれてます。

アルツハイマーはアミロイドベータというたんぱく質が脳にたまり、神経細胞を破壊します。

アミロイドベータは睡眠中に排除されます。

眠りが浅いとアミロイドベータがたまりやすくなるので、睡眠不足が続くとアルツハイマーの発症率を高めてしまうというわけです。

睡眠に満足されてない方は、一度鍼灸を試してみてはどうでしょうか。

鍼灸は体の疲れを取り除き、心をリラックスさせた状態にしてくれます。

するとしっかり眠ることができるようになるんです。

お気軽にご連絡くださいね。

PAGE TOP ↑