脾の働き

脾の働き

この時期は、雨が降って湿気が多く、ジメジメして辛いですよね。

このイヤな湿気を中医学では湿邪(しつじゃ)といいます。

そして、五臓の中でも湿気に弱いのが脾(ひ)。

今回は、脾の働きをご紹介します。

脾の働きは、飲食物の消化・吸収の流れを管理し、血が外へ漏れないように防ぎます。

また、吸収した栄養物質を肺や心に送る働きがあります。

脾の調子が悪くなると、食欲不振、胃のもたれ、下痢、むくみ、不正出血、めまい、ふらつきなどが起こります。

また、口や唇が脾と関係あるので、唇が荒れたり、口の中がネバネバしたりするような状況だと、脾の調子がよくないサインです。

梅雨の食養生 でも軽く書きました。

これからの時期を元気に過ごすために、冷たいものや脂っこいもの、甘いものの摂りすぎに気をつけて、脾を大切にしてあげてくださいね。

PAGE TOP ↑