生理痛のツボ

生理期間中やその前後におこる腹痛や腰痛、頭痛、眠気、イライラなどの症状で、悩まれてる女性は多いですよね。おもに血行不良や冷え、ホルモンバランスの乱れが原因と考えられています。

中医学では の働きが悪くなって、気・血の異常があると、生理痛や生理不順を起こしやすいと考えています。

今回は、そんなときに使用していただきたいツボをご紹介します。

201007061

関元(かんげん)・・・おへその下指4本分

中指あるいは人差し指を重ねてツボにあて、10秒ほど押して10回ほど繰り返し、三陰交 と一緒に使うとさらによいですよ。

PAGE TOP ↑