心を元気にするためには

20100803

心にトラブルが起きたとき、疲れた心を休めたり、リラックスしたりすることはとても大切です。

少し休んで回復するのならそれで十分ですが、うつなどの病気になってしまったら、単純に心を休めるだけでは、なかなか回復しません。

心の反応というのは、脳の中で脳内物質のやり取りによって起こっています。

通常なら脳内物質は消費されると、使われた分だけつくられるのですが、原料が不足しているとつくることができません。その原料となるものは、食べ物から栄養素として体内に吸収されます。

日常の食事内容を見直し、ビタミンやたんぱく質、カルシウムなどバランスよく摂取することで、うつは改善されるのです。

PAGE TOP ↑