椎間板ヘルニアは腰痛の原因ではない?!

心休堂の牟田です。

腰痛で来られる患者さんの中に、椎間板ヘルニアの手術をしたけど腰が痛いという理由で来院される方がしばしばおられます。

椎間板(ついかんばん)というのは、背骨と背骨の間にあるクッションのようなものです。そして腰の背骨にある椎間板が飛び出だしてしまい、神経を圧迫して痛みやしびれがでるといわれています。

ということは、飛び出したクッションを切り取れば痛みやしびれがなくなるはずですが、どうやら必ずしも切り取れば痛みやしびれはなくなるというものではないようです。

椎間板ヘルニアが神経を圧迫して痛みやしびれの原因と考えられてきました。

しかし、椎間板ヘルニアがあっても、痛みやしびれを感じることなく普通に日常生活を送っておられる方が存在しています。そして、椎間板ヘルニアが100パーセント痛みやしびれに結びつくとは限らないということが分かってきました。

痛みやしびれの原因は椎間板ヘルニアではないにもかかわらず、腰の椎間板のヘルニアがあるからといって、手術を受けた方が痛みやしびれが完治せずに来院されているのです。

もし、あなたの腰痛が椎間板ヘルニアが原因だと診断されても、緊急で手術しましょうという状況でないなら、鍼灸を受けてみてくださいね。

PAGE TOP ↑