腰痛予防のための重たい鞄や袋の持ち方

腰痛予防のための重たい鞄や袋の持ち方

先日植物園に出かけミッキーマウスの木というものがあったので撮ってみました。

仕事や買い物で重たい荷物を抱えてると、肩こりや腰痛を感じることはありませんか?

今回は腰痛予防のための荷物の持ち方をご紹介します。

重たい荷物を片方の手で長時間持ち歩くと、体はバランスを保とうとして歪んでしまい、背中の筋肉に負担をかけてしまいます。

腰痛予防の荷物の持ち方は簡単。

荷物をこまめに左右で持ち変えることなのです。

ショルダーバックなら「たすきがけ」にします。

このとき、できるだけストラップを短くして体の中心近くにすると、腰への負担は軽減されるので、腰痛予防になりますよ。

そして、手荷物と同じように左右かけ変えます。

買い物が多いときは袋左右同じくらいの重さになるよう分けて持つようにし、長時間持ち歩くときはリュックタイプのものにするほうが腰痛予防となりますよ!

PAGE TOP ↑