ぎっくり腰でも動けるようになってきたら

心休堂の牟田です。

昨日はお休みで、ほしだ園地に行ってきました。ここには星のブランコといわれる長いつり橋があります。

建国記念日で祝日ということもあり、こどもたちがヤッホーっと元気よく叫んでる姿は微笑ましく感じました。

IMG_1151

さて、動けないほどの痛みが治まれば、できるだけ早い段階で体を動かしてあげるほうが、腰痛は早くよくなります。

体を動かすと脳でエンドルフィンという痛みを和らげてくれる物質が分泌されます。

ですから、運動そのものに鎮痛効果があるといえるので、積極的に体を動かすことが腰痛完治への近道となります。

次にお伝えする運動は、最初数回ほど行い慣れてきたら回数を増やすとよいでしょう。

必死に全力でたくさんやる必要はありません。

終わった後に心地よく感じることができるくらいで大丈夫です。

回数よりも、継続することがとても大切です。

まず、膝を軽く曲げた状態で仰向けに寝ます。これが基本姿勢です。

そして、鼻から息を吸って、ゆっくり口から吐く腹式呼吸を行います。

次に、基本姿勢になり、両手をおへそのあたりにおきます。

体を膝が見えるくらいまで(完全に起き上がらない)ゆっくり起こし、5秒ほど静止してゆっくり戻します。

最後に、基本姿勢になり、お腹をへこませ背中と腰を床に押しつけた状態で、おしりを持ち上げます。

心休堂へご来院いただけば、あなたによりピッタリな運動をお伝えいたします。

お気軽にお越しくださいね。

PAGE TOP ↑