パソコン作業も注意しなければ腰痛の原因

パソコン作業も注意しなければ腰痛の原因

パソコンをするときには、モニターの位置と高さに気をつけないと、腰痛の原因になりかねません。

モニターとキーボードは体の正面になるように配置しましょう。

パソコンが机の端にあり、体をひねるような状態でキーボードの操作をしていると、パソコンの作業はわりと長時間になる傾向があります。

長時間体をひねった状態は、腰に大きな負担がかかります。

そして、モニターの位置が目線より低いと、猫背での作業となりやすいです。

背中や腰の筋肉に負担をかけてしまい、腰痛をひきおこしやすくなります。

パソコン位置と高さを調節することで、腰痛の原因を一つ減らすことができますよ。

PAGE TOP ↑