急な腰痛は

急な腰痛は症状が腰に限定されるのか、足にまで症状があるかで原因を推測することができます。

●症状が腰に限られている

・ぎっくり腰

重いものを持ったり、腰をひねる運動をしたりすることで起こります。

筋肉や靱帯、椎間板の損傷などが原因とされ、急な腰痛では最も多いケースです。

・骨粗鬆症

骨がもろくなってしまい起こる病気です。

椎骨の椎体部分がもろくなり、何らかの圧力がかかることで、圧迫骨折し腰痛が生じます。

閉経後の女性やご高齢の方によくみられます。

・椎間板症

水分がなくなり髄核というものがなくなって、椎間板に亀裂が入ったり、椎間板がつぶれたりすることで椎間板が不安定になり腰痛が生じます。

・感染性脊椎炎

椎骨が細菌に感染することで化膿し腰痛が生じます。高熱と激しい腰痛が特徴です。

糖尿病のある人や大きな手術の術後、免疫力の低下したご高齢の方など感染しやすい人に多くみられます。

・脊椎腫瘍

脊椎に腫瘍ができる病気で、特に多いのが他の部位から転移して起きた「がん」です。

脊椎は「がん」の転移が起こりやすく、特に胸椎や腰椎に転移しやすいようです。

進行するにつれ腰痛は強まり、麻痺も生じてきます。

●症状が足にも起こっている

・椎間板ヘルニア

椎間板の中心に髄核というものがあり、それが飛び出して神経を刺激する病気です。

腰痛と共に足にもしびれが現われます。

PAGE TOP ↑