肥満は腰痛をまねく!?

心休堂の牟田です。

昨日はお休みだったので、赤目四十八滝に行ってきました。まだ紅葉という感じではありませんでしたが、マイナスイオンたっぷりの環境で心身を癒してもらいました。

20101021

日が落ちた帰り道、何があったというわけではありませんでしたが物悲しい感じがしました。東洋医学の世界では秋は寂しくなりやすい季節なので、心身を安定させるように過ごしょうといわれます。

生活環境が大きく変わり、東洋医学の考えを当てはめるのが難しく思うこともありますが、自然の中では東洋医学の話がすんなりと当てはめることができ、自分も自然の一部なんだなと気づかされます。

前置きが長くなりましたが、今回は肥満と腰痛の関係です。

肥満気味の方は、腰や背骨にかかる負担が大きくなるので、腰痛を起こしやすくなります。脂肪が血管を圧迫したり、お腹が出ると腰の骨が極端に前に曲がったりして椎間板という腰の骨のクッションへの負担が増してしまいます。

お腹の脂肪を減らすことで腰痛の予防 にもなるのです。自前のコルセットを身に付けて腰痛予防 をしましょう!!

PAGE TOP ↑