鍼灸で腰痛が緩和できますよ

レントゲンやMRIで検査しても、原因がはっきりしない腰痛を、病名ではありませんが、非特異的腰痛といいます。

この非特異的腰痛は腰痛の8割近くを占めていると考えられています。

安静にするより可能な限り日常生活を送ることが大切です。

強いストレスを感じている場合は、ストレスを軽減させることで、腰痛は緩和されていくことでしょう。

慢性的な腰痛の場合は、運動をしたり、ストレッチをしたりすることが、腰痛を改善させるには大切な事です。

無理な姿勢や動作をしたあと、急に腰の痛みが起こったら、ぎっくり腰といわれます。

腰の筋肉や関節の柔軟性がなくなり、硬くなっている時に起こりやすいものです。

ぎっくり腰を予防するには、日ごろから適度な運動をするよう心掛けることが大切です。

これらの腰痛は、鍼灸で痛みを緩和させるお手伝いができます。

鍼灸は怖いと思わずに、ぜひ選択肢の一つとして考えてみてくださいね。

PAGE TOP ↑