腰痛のストレッチ

腰が痛くてお困りの方は、たくさんおられると思います。

腰痛の原因には、姿勢だったり、疲労の蓄積だったりが、関係していることがあります。

腰が痛いと、腰をなんとかしようと思うかもしれません。

腰を直接伸ばすのもいいですが、太ももの裏が硬くなっていることもあるんですよ。

太ももの裏には、大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋という筋肉があり、3つまとめてハムストリングといわれます。

ハムストリングが硬くなると、前ががみの姿勢をするとき、骨盤を引っ張り腰に余分な負担をかけてしまいます。

ハムストリングの柔軟性を高めることで、腰痛を予防したり改善したりすることができるんです。

ハムストリングのためのストレッチをご紹介します。

まず、椅子の上に右足をのせます。

そして、両手を膝のお皿あたりに置き、ゆっくり体を、右足のつま先側にたおします。

この時、右の太ももの裏が伸びているのをしっかり感じて、30秒ほどこの状態を維持ください。

左も同じようにしてください。

ストレッチをするときは、反動をつけないようにしてください。

どれくらい体が曲がるかは重要ではありません。

太ももの裏が伸びているということを感じることが、一番大切なことです。

また、腰痛には鍼灸がとても効果的です。

鍼灸とストレッチで腰痛を改善させてくださいね。

PAGE TOP ↑