妊娠による坐骨神経痛

妊娠によって坐骨神経痛が起ることがあります。それは、赤ちゃんの成長により骨盤や腰椎が圧迫され、血流が悪くなります。

すると、坐骨神経に関わる筋肉が凝り固まって、坐骨神経痛となるのです。

また、妊娠中はお産に備えて、骨盤周囲の固定性が悪くなって痛みを引き起こす場合もあります。

妊娠中の坐骨神経痛は、出産が終わると自然に解消されるので、当院では基本的に治療対象外としております。

しかし、妊娠前から坐骨神経痛を患っておられたり、もともと慢性的な腰痛がひどかった場合は必ずしも妊娠による坐骨神経痛とは限りませんので、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP ↑