大腿屈筋群が原因の坐骨神経痛

大腿屈筋群も坐骨神経痛を引き起こす筋肉として挙げられます。

大腿屈筋群というのは、太ももの裏側にあり、大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋の総称です。

大腿屈筋群は股関節を屈曲したり膝を曲げたりするときに働く筋肉群で、立ちっぱなしや長時間歩くと疲労して凝り固まるのです。

坐骨神経はこの大腿屈筋群に沿って存在するので、大腿屈筋群が凝り固まると坐骨神経痛が生じるのです。

大腿屈筋群が原因の坐骨神経痛症状は、排便時の感覚が無くなるといったような排尿排便障害が伴うことがあります。

大腿屈筋群を構成する大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋それぞれに鍼灸治療をおこない、これらの大腿屈筋群の凝り固まりを緩和させ、坐骨神経痛を改善していきます。

PAGE TOP ↑