大腰筋が原因の坐骨神経痛

大腰筋は、腰部の背骨から骨盤を通り脚まで伸びる筋肉で、背骨や骨盤を支えたり、太ももを上げたりするという役割のあるとても重要な筋肉です。

大腰筋は体の奥の方にあり、深部の筋肉では最大級のものなので、適切なケアをする事がなかなか出来ません。

だから、この大腰筋が知らない間に凝り固まってしまい、背筋を伸ばすような姿勢が痛くてできなかったり、立ち上がったりするときに痛んだりします。

ぎっくり腰、慢性腰痛、椎間板ヘルニアの多くはこの大腰筋に問題があります。

大腰筋が凝り固まり腰痛が悪化すると、大腰筋の傍には坐骨神経が通っているため坐骨神経を圧迫します。

そして、お尻から足にかけてしびれたような坐骨神経痛の症状が出ます。

大腰筋が原因の坐骨神経痛になると、足腰のしびれのため歩くのも負担となります。

心休堂の坐骨神経痛治療では、長鍼を使い、大腰筋にまで鍼を刺入して大腰筋の硬縮をほぐし坐骨神経痛を解消することができます。

深部にある大腰筋にまで鍼を届かせるためには、長鍼を自在に操る熟練の技と緻密な解剖学的知識を必要とします。

鍼灸師であれば誰でも出来るというものでありません。

大腰筋に鍼が届くと、ズーンというなんともいえない重く響くような感覚が腰から太ももに発生します。

そして、徐々に大腰筋の緊張がほぐれていき、坐骨神経痛が解消するのを実感されるでしょう。

PAGE TOP ↑