スマホで腱鞘炎!?

心休堂の牟田です。

ゴールデンウィークは休まず診療しています。

どこでもスマホを操作している姿をみかけますね。

スマホは首こりのもとだけじゃないんです。

腱鞘炎

親指だけでスマホを長時間操作すると、腱鞘炎になることがあります。

手の腱鞘炎はピアニストなど手を酷使する方がなりやすいもの。

また、産後のお母さんも腱鞘炎になる方がいます。

でも、普通に生活をしているとあまり腱鞘炎にはなりません。

腱鞘は筋肉の両端にある腱を包んでいるもので、使いすぎると炎症が起こります。

すると、痛くて関節の曲げ伸ばしがスムーズにできなくなります。

重症化したものはオペが必要ですが、軽いものは冷やしてあげると治ります。

手首や指に違和感を感じたら、冷たいタオルや湿布などで冷やしてあげましょう。

鍼灸でも腱鞘炎は治るものがあります。

指や手首の痛みを感じていたら、お気軽にご相談ください。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました