体の疲れが腱鞘炎に!?

心休堂の牟田です。

腱鞘炎は美容師さんや、調理師さん、ピアノなどの楽器を演奏する方など、手を酷使する方によく発症します。

ですが、手をそんなに酷使していないのに、手首に痛みが出てくることがあります。

よくあるのが、産後の腱鞘炎です。

体の疲れが腱鞘炎に!

出産は体力をかなり消耗させてしまいます。

体の疲れが腱鞘炎を発症させてしまうのです。

妊娠から出産までの疲れがしっかり回復できない状態で、育児がはじまります。

通常の腱鞘炎は、よく使う片方の手首に発症しやすいです。

しかし、産後の腱鞘炎は両方の手首に発症することが多いように感じます。

特に初めての出産の場合、育児に関する様々なことが初めて。

少し手首に違和感を感じても、頑張って育児をすることでしょう。

産後の腱鞘炎は、手首中心の施術だけでは、なかなか良くなりにくいものです。

体の疲れの蓄積から起こった腱鞘炎です。

体全体の疲れを取ってあげることで、腱鞘炎の治りが早くなります。

産後に手首の痛みがあれば、ぜひ鍼灸をお試しください。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました