花粉症対策はお早めに

花粉症といえば、くしゃみ、鼻水、鼻づまりですよね。

今年も花粉症のシーズンはやってきます。

花粉が飛ぶ時期にだけ、アレルギー性鼻炎の症状がでるものを、花粉症といいます。

花粉症でおこる、くしゃみ、鼻水、鼻づまりは花粉が鼻などから体内に侵入すると、肥満細胞がヒスタミンなどの化学伝達物質を出すことで起こります。

花粉症でどのような症状が強く出るのかは、個人差があります。

そして、繰り返し花粉が体内に侵入することで、症状が強くなって慢性化してしまうのです。

花粉症でお悩みの方は、症状が少しでも緩和するように、薬を服用されることが多いかもしれません。

また、レーザー治療や舌下免疫療法などを選択することもあるでしょう。

ただ、薬の場合は眠気を感じるのが気になる方がおられるかもしれません。

今は眠気を感じにくい薬もあるようなので、もし、薬で眠気を感じるようなら医師に相談することをおすすめします。

そして、花粉症の薬などの治療法と併用して、鍼灸も花粉症改善のお手伝いができるんですよ。

鍼灸を受けていただくと、薬の効き目がよくなったり、薬を服用できない場合などに、花粉症の症状を緩和させたりすることができます。

さらに鍼灸をを継続しいると、体質が変化して花粉症が起こりにくくなるということもあります。

花粉症シーズンに症状を軽く過ごすためには、花粉症が飛び始める少し前から対策をすることが大切です。

花粉症は、花粉を繰り返し吸い込むことで、炎症が進行して症状が悪化します。

症状がひどくなってから、対策を行っても、効果が現れるまでに時間がかかり、その間にも花粉は体内に侵入し続けます。

その結果、なかなか効果を実感できず、つらい思いをしなければなりません。

今年は花粉はやや多くなると予想されています。

花粉の飛散開始までに、鍼灸で花粉症対策をしてみませんか?

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました