美容鍼灸のしくみ

心休堂の牟田です。

人の体は、外からの刺激を受けて痛み感じたり、何かの原因で細胞が壊れてしまうと、回復させるための働きかけをしてくれます。

痛みなどの変化を感じると、脳に伝えると同時に、栄養分を取り入れるために、血行をよくしてくれます。

美容鍼灸は、この作用を利用しています。

鍼を刺すことで、異物が侵入したと判断し、それを除去しようと体が反応します。

すると血行がよくなり、肌のくすみが改善し艶やかになります。

そして肌の新陳代謝が促進され、肌理を整えることが期待できます。

 

美容鍼灸のしくみ

また、肌の表皮が入れ替わるサイクルは28日ほど。そこから2週間ほどで角質が剥がれます。

およそ6週間ほどかけて入れ替わることになります。

ところが、紫外線などでダメージを受けた真皮層は回復するのに4~6年ほどかかるといわれます。

回復されるまでに年を重ねてしまうことになります。

そして40代になればコラーゲンが産生されにくくなり、たるみが生じやすくなります。

ところが、人の体は感染することなく鋭く切れた肌は、痕を残さず治りやすいという再生能力があります。

美容鍼灸は、まさにこの仕組みを利用したものなんです。

美容鍼灸の鍼は、無菌状態で保存された非常に細い鍼を施術前に開封します。

それを肌に刺すことで、目には見えない小さな傷を作ります。

その傷を修復する過程で、コラーゲンなどの産生を促進してくれ、これが肌のハリになると考えられます。

肌の血行をよくしてハリをよくするために、美容鍼灸を試してみませんか?

PAGE TOP ↑