美肌のための睡眠

午後10から夜中の2時は、美肌のゴールデンタイムといわれるようです。

午後10から深夜の2時の間に眠っていると、成長ホルモンがたっぷり分泌され、美肌になれるといわれています。

成長ホルモンというのは、骨や筋肉の成長を促したり、細胞を修復したりするので、皮膚の細胞の修復にも関係します。

だから、成長ホルモンは美肌ホルモンともいえるでしょう。

ただ、成長ホルモンは成長期にくらべ成人してしまうと量が減少します。

では、夜勤の方は美肌のゴールデンタイムに寝ていないので、美肌になれないのでしょうか?

睡眠の研究によると、成長ホルモンが分泌されるのは、何時に寝ているかは関係ないようです。

つまり、美肌のゴールデンタイムに寝ていなくても、成長ホルモンの恩恵を受けることができるのです。

成長ホルモンの効果を最大限にするためには、深く眠ることが大切です。

成長ホルモンは決まった時間に分泌されるのではなく、ノンレム睡眠の時に分泌されます。

ノンレム睡眠は、脳の休憩時間となり、副交感神経が活発になり、深い眠りについている状態です。

ノンレム睡眠は、眠り始めから3時間ほどの間に出現することが多いといわれています。

成長ホルモンを分泌させるには、睡眠開始から3時間が大切だと考えられます。

夜勤の方が明け方寝たとしても、深い眠りにつけるなら、美肌のゴールデンタイムに寝ていなくても、成長ホルモンは分泌されるということです。

成長ホルモンに関しては、何時に寝るかが問題ではなく、眠り始めから3時間ほど、いかに深い眠りができるかが大切だといえます。

睡眠についてお困りの方は、鍼灸をお試しください。

鍼やお灸をすることで、血行がよくなり、質の高い睡眠をとりやすくなります。

また、美肌を目指すなら、美容鍼灸をお試しください。

美容鍼灸をされた方は、お化粧のノリもよくなったと喜ばれてますよ。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました