足のむくみ気になりませんか?

デスクワークだったり、立ち仕事だったりすると、足が太くなり、だるさや痛みを感じることがあるかもしれません。

このようなつらい足のむくみをなんとか改善させたいですよね。

足がむくむのは、運動不足や冷えにより、正常に保つ機能が働いてくれないからだと考えられます。

では、足のむくみはどのようにして起こるのでしょうか。

まず、足の静脈弁の働きが悪くなることで、足がむくみやすくなります。

静脈弁というのは、血液が逆流しないようにするための弁です。

この静脈弁は運動をすると機能するのですが、筋肉が少なかったり冷えたりすると、弁が機能しにくくなります。

すると、血液がたまりやすくなって、むくみやすい状態になります。

また、冷えや運動不足などで、血流が悪くなると、リンパの流れも悪くなり、老廃物もたまりむくみとなってしまうのです。

さらに、自律神経の乱れにより、腎臓の機能が低下すると、余分な水分が体外に排出されにくくなり、むくみとなります。

足のむくみを改善させるには、冷えの改善や運動不足の解消、自律神経を整えてあげることが大切です。

鍼灸では、むくみのある足に鍼やお灸で刺激し、体の血液の循環をよくするお手伝いをします。

また、むくみのあるところだけではなく、肩や背中、腰などにも鍼やお灸をして、体全体の血流をよくして、自律神経の働きも回復させるお手伝いをします。

足のむくみが気になる方は、ぜひ、鍼灸を試してみてくださいね。

ご予約方法

ネットでご予約はこちら

お電話でご予約

06-6774-2597

お急ぎの場合はお電話でお願いいたします。

セールスや勧誘のご連絡はお控え下さいます様お願いいたします。

お待たせしないご予約優先制です。

水曜日 定休
平日  9:00 ~ 20:00
土日祝 9:00 ~ 17:30

むくみ
天王寺区の鍼灸院 心休堂
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました