四十肩、五十肩になったら

心休堂の牟田です。

四十肩や五十肩というのは、有名ですよね。

しかし、四十代、五十代になったから必ずなるというものではありません。

肩関節の炎症のことで、四十代、五十代に起こりやすいということです。

三十代でも起こることがありますが、がっかりしないでください。

四十肩、五十肩は、腕を動かそうとすると、突然、肩に激痛が起こります。

たとえば、

シャツを着る、髪の毛を洗う、洗濯物を干す

などの動作が辛くなります。

痛みが出てから放置していても、半年から一年ほどで痛みは消えることがあります。

しかし、その間に激痛を感じるたび、不安やイライラで悩むことになります。

すると、痛みに対して過剰に反応したり、ぐっすり眠ることが出来なくなったりします。

早く回復させるために、痛みを緩和させて、肩の動きをよくする運動が大切です。

肩に違和感を感じたら、お気軽にご連絡くださいね。

PAGE TOP ↑