簡単な五十肩予防法

高いところにあるものを取ったり、ドライヤーで髪を乾かそうとしたり、何気ない日常の動作で、肩に激痛が走ることがあります。

このような状態を、五十肩または四十肩といわれます。

五十肩の経験者から、放置していたらそのうち治るなどと聞くかもしれません。

ところが放置していると、痛みは消えるのですが、肩周りの関節がどんどん硬くなってしまうのです。

五十肩を発症させると、痛みを抑えながら、しっかり動かしてあげることが大切です。

ただ、完全に治りきるまでには、時間が必要です。

でも、日ごろ簡単な体操を習慣にすることで、五十肩は予防できるんですよ。

では、簡単な体操をご紹介します。

まず、椅子の背もたれに、両手を置き、足は肩幅に開きます。

そして、顔を下に向け、背中を丸めます。

続いて、顔を正面にあげ、背中を反らせ、10秒ほどキープしてください。

このとき、わきの下や肩甲骨の周辺が伸びてるのを感じてください。

これを5回ほど繰り返してください。

肩こりがあると、五十肩になる可能性はあります。

また、鍼灸で肩周りの血行をよくしてあげることも、五十肩の予防になりますよ。

ぜひ、鍼灸もお試しくださいね。

PAGE TOP ↑