痛みが出て数週間がつらい五十肩

40代ごろから多くの方が悩まされる肩の痛み。

それが五十肩です。

五十肩というのは、ある日突然肩の関節に激痛が起こり、腕が直角くらいまでしか上げられなくなったり、上げることができなくなったりします。

腕が痛むため、服を着たり、頭を洗ったり、高いところのものを取ったりということができなくなります。

この五十肩はだいたい半年から1年ほどで治ります。

でも、自然に治るからといって放置していると、痛みは治っても腕の動きが以前より悪くなることもあります。

五十肩は、最初の痛みがあってから、数週間が痛みがきつく、安静にしていても痛みがあります。

夜も眠れないくらい痛くなることがあります。

この時期は、無理に肩を動かそうとしたり、荷物を持とうとしたりしないようにしてください。

そして、できるだけ患部を温めるようにしましょう。

寝るときは痛い腕を上にして、わきにタオルを挟んであげると少し楽になるでしょう。

仰向けに寝るときは、痛いほうの腕の下に枕を置くと痛みが緩和されます。

そして、鍼灸は五十肩の痛みを和らげるお手伝いができる施術です。

五十肩でお困りの方は、ぜひ、鍼灸をお試しください。

PAGE TOP ↑