膝の痛みは筋トレを

膝の関節は、日々重みに耐えて体を支えています。

体重という負荷がかかるうえ、大きく曲げるという仕事があります。

膝が痛くなると、正座ができなくなったり、階段の上り下りで痛みがでたりします。

そして、膝の痛みがひどくなると、腫れてきて水が溜まり、病院で水を抜いてもらうということになります。

膝の痛みを改善させるには、筋肉を鍛えてあげることが欠かせません。

そこで、簡単な筋トレをご紹介します。

まず、仰向けになって右足を立て、左足を伸ばし寝転びます。

次に、伸ばしている左足を10cmほどあげて、5秒ほど維持して、ゆっくりおろします。

一呼吸休んでから、同じようにあげる運動を20回してください。

左足が終われば、右足も同じように行います。

また、膝が痛い方は鍼をすると痛みが緩和します。

軽症の方はそのまま痛みがなくなることもあります。

しかし、重症な膝関節痛の方は、かなり変形してしまい、鍼をしても一時的に痛みは和らぐのですが、すぐに戻ってしまいます。

ただ、膝関節痛で鍼をしていると水が溜まりにくくなってきます。

一時的に痛みを緩和させながら、筋トレを行うことで、膝の痛みを改善させることができます。

ぜひ、膝の痛みでお悩みの方は、鍼灸もお試しくださいね。

PAGE TOP ↑