スクワットを効果的に行うには

膝が痛い方はスクワットで、太ももや周りの筋肉を効果的に鍛え、痛みを緩和させることができます。

でも、ポイントがずれると期待した効果がでないだけでなく、膝そのものを痛めてしまうことになります。

スクワットをするとき、前かがみになり過ぎてませんか?

スクワットをするとき、前かがみになり過ぎると、太ももの前の筋肉に効果的に負荷をかけることが、難しくなります。

すると、太ももの前の筋肉を鍛えることができず、効果が実感しにくくなります。

また、膝が足先より前に出てませんか?

膝が足先より前に出ると、しっかり曲げることができてるように思うかもしれません。

でも、太ももの前の筋肉には、それほど負荷はかかっていないので、思っているより効果は出にくくなります。

足先より前に膝がでていると、太ももの前の筋肉を鍛えるためには、膝をさらに曲げないといけなくなります。

すると、かえって膝を痛めることになります。

スクワットをするなら、ゆっくりとしたテンポで行うことが大切です。

早く曲げ伸ばしをすると、膝に負担をかけてしまい、痛めることになります。

ゆっくりと行うほうが、筋肉に負荷がかかるため、効果的なトレーニングになります。

そして、膝の痛みでお悩みの方は、筋トレをしながら、鍼灸の施術を受けるとさらに痛みが緩和します。

ぜひ、筋トレとあわせて鍼灸もお試しください。

PAGE TOP ↑