膝の痛みを感じ始めたら

階段の上り下りや、動作の開始時に、膝の痛みを感じることがありませんか?

このような症状は、変形性膝関節症の初期によくあります。

階段の上り下りや、動作開始時に膝が痛むときは、太ももや膝周辺に鍼灸の施術をしてあげると、痛みが和らぎ、動かしやすくなります。

変形性膝関節症が悪化してくると、膝の軟骨がすり減り、太ももとすねの骨の表面に圧力がかかります。

そして、すねの骨が徐々に横にずれるようになり、太ももの骨とぶつかるようになります。

ずっと放置していると、骨が変形しさらに膝の痛みが増します。

膝の痛みが増してくると、痛みを避けるために、歩くなどの運動を極力しないようになります。

運動を避けると、膝を支える筋肉は徐々に低下して、膝の状態はさらに悪くなります。

ここまで膝の状態が悪くなってくると、安静にしても痛みを感じるようになり、歩くことが難しくなり、最悪寝たきり状態となってしまうのです。

膝の痛みを感じ始めた初期に、しっかりケアをすることで、このような悪化を防ぐことができるのです。

もし、階段の上り下りや動作開始時に、膝の痛みを感じたら、鍼灸をお試しください。

膝周りのこわばった筋肉を柔らかくほぐし、血流をよくして膝の痛みを緩和してくれますよ。

PAGE TOP ↑