帯状疱疹になったらお風呂!

心休堂の牟田です。

帯状疱疹になると、完全に治るまでは患部は決して冷やさないでください。

患部を冷やすと、神経に栄養を送る血管へ酸素が十分に行きわたらなくなります。

すると、神経が徐々に破壊されてしまうのです。

高齢になれば、さらに神経が破壊されやすくなるので、注意が必要です。

また、冷やすことで血管が収縮されるので、痛みを引き起こす物質が増えてしまいます。

帯状疱疹は、ウィルスによって壊された神経を再生することで改善されます。

そのため、温めて血液の循環をよくしてあげることが大切なのです。

温めて清潔にするということは、お風呂が一番!

帯状疱疹になったらお風呂!

帯状疱疹の方は、お風呂は控えたほうがいいと思われやすいですが、実はとてもいいんです。

お風呂に入って温まると、痛みが徐々に緩和されてきます。

また、お風呂に入って痛みが緩和されると、リラックスできるだけでなく、帯状疱疹後神経痛という後遺症を減らすことにもつながります。

帯状疱疹の患部を洗うときは、ゴシゴシこするのではなく、ボディーシャンプーなどを手につけて、優しく洗ってあげてください。

お風呂以外にもお灸で温めてあげると、痛みを忘れる時間ができます。

すると帯状疱疹後神経痛を予防することになりますので、ぜひ体験してみて下さい。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました