冷えは体調不良のもと

人は冷えると、体が緊張して硬くなり、代謝が悪くなります。

すると、体が重く感じたり、だるく感じたり、痛みを感じることもあります。

冷え対策はとてもシンプルで、体を温め冷やさないようにすることです。

対策は単純ですが、冷えを克服するには、日常生活の改善が必要です。

体を冷やさないような服装や、温かいものを摂取し、こまめに体を動かしてあげることが大切です。

冷えがきつくなると、血流が悪くなり免疫細胞の働きが悪くなります。

精神的なストレスは交感神経が活発になり、血管を収縮させてしまいます。

すると血行が悪くなり、体温を下げてしまうのです。

冷えがひどくなると、自律神経のバランスが悪くなり、めまいや頭痛、だるさなどの体調不良をまねきます。

最初にお伝えしましたが、冷え対策は体を温め冷やさないようにすること。

なかなか体が温まらないようでしたら、鍼灸やヨモギ蒸しを体験してみませんか?

ヨモギ蒸しや鍼灸をすると体がポカポカしてきますよ。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました