夏の冷え症大丈夫ですか?

暑いこの時期、冷房の中にいながら冷たいものをたくさん摂取してることでしょう。

暑さを我慢することは危険ですが、体の芯まで冷やしてしまうと、不調の原因になってしまいます。

現代人はエアコン生活になれているため、体温を一定に保つ機能が衰えがちだといわれています。

そのため冷え感じている方が、多い傾向にあります。

冷え症だと自覚している方は、日ごろから対策を考えておられますが、自分が冷え症だと思っていない方は対策をされません。

だから、よけいに体を冷やして体調不良の原因となってしまうのです。

冷えを感じると、脳から体を温めようという命令が送られるのですが、自律神経が乱れていると、体温が上がりにくくなってしまいます。

冷え症の方は、自律神経の乱れがあると考えられます。

冷えは万病のもとなので、めまいや頭痛、不眠などいろいろな症状の原因となります。

そして、夏の冷えを放置すると、秋以降の体調不良にもつながります。

冷えを感じたら、太ももは筋肉の量が豊富で、血流が多い場所なので、太ももの上に温かいものを置くと全身が温もりやすくなります。

また、何か食べるときには、よく噛むようにしてください。

よく噛むことで視床下部が刺激され、体温が上がりやすくなるといわれています。

一日の終わりには40度以下のお風呂に10分ほど浸かることで、のぼせることなく体を温めることができます。

ただ、汗かきのかたはシャワーのほうが、入浴後の冷え対策になるでしょう。

寝るときは暑いからといって何もかけないで寝ず、お腹や太ももを冷やさないように夏用の布団をかけて、冷え対策をしてください。

そして、なんといっても冷え症対策には、定期的な運動習慣が大切です。

運動をすることによって、筋肉の量が増えます。

筋肉が増えると熱を作る力が高くなります。

暑くて動きたくない気持ちはよくわかりますが、日常生活で階段を使うなど積極的に体を動かすと、エネルギーの消費が増え、代謝がよくなり、体が温まるようになります。

冷え症でお悩みの方は、鍼灸の施術も体験してみてください。

鍼やお灸で自律神経の働きを整え、体を温めてあげると、徐々に冷え症は緩和してきます。

冷え症の方にお灸をすると、とても喜ばれます。

鍼灸の施術を受けながら、日常生活を見直すことで、冷え症が改善されますよ。

ご予約方法

ネットでご予約はこちら

お電話でご予約

06-6774-2597

お急ぎの場合はお電話でお願いいたします。

セールスや勧誘のご連絡はお控え下さいます様お願いいたします。

お待たせしないご予約優先制です。

水曜日 定休
平日  9:00 ~ 20:00
土日祝 9:00 ~ 17:30

冷え
天王寺区の鍼灸院 心休堂
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました