夏の疲れ大丈夫ですか?

心休堂の牟田です。

八月も今日で終わりですね。

暑さも少し和らぎ、虫の声も聞こえ始めましたね。

夏の疲れ、あなたは大丈夫ですか?

寝ても休んでも疲れがなかなか取れないときは、自律神経のバランスが崩れてるかもしれません。

自律神経というのは、活発に活動するときに働く交感神経と、リラックスするときに働く副交感神経のことです。

もし、あなたの疲れがなかなか取れないときは、交感神経の働く時間が長くなってるのでしょう。

疲労を回復させるうえで大切なことは、副交感神経の働きをよくすることです。

副交感神経に頑張ってもらうための方法の一つに入浴があります。

夏の疲れ大丈夫ですか?

入浴といっても熱いお風呂に入るのは、交感神経を活発にしてしまいます。

副交感神経の働きをよくするには、38~40度くらいのお湯に15分ほどつかること。

お湯につかっている間に、ふくらはぎのマッサージをすると、足の血液の循環がよくなり、疲労回復にはとてもよいですよ。

また、鍼灸は疲れた体をリラックスさせてくれる効果があります。

ぜひお試しください。

PAGE TOP ↑